スポーツ

「世界の終わり」オールブラックス敗退 イングランドの奇襲とエディーHC 

投稿日:

  

26日に行われたラグビーワールドカップ準決勝で、ニュージーランド代表がイングランド代表に敗れ、母国ニュージーランドには衝撃が走っているようです。

詳しく見てみましょう。

  

  

「世界の終わり」オールブラックス敗退

  

 yahoo!ニュースによると、

  

現地紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)は、「世界の終わり! オールブラックスが驚くべきパフォーマンスを見せたイングランドに敗れる」と報じた。

横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われた一戦で、ニュージーランドは7-19でイングランドに敗れ、2011年大会のトンガ戦から始まったW杯での連勝は18でストップした。

 気迫と優れたパフォーマンスを見せたイングランドに対し、オールブラックスは脅威を与えることができず、元代表SOスティーブン・ドナルド(Stephen Donald)は、後半開始5分で0-10とリードを許していた時点で不吉な予感がしたという。

 2011年のW杯決勝で試合を決めるペナルティーゴールを決めたドナルドは、解説を務めた試合の放送の中で「ここからひっくり返すには、相当な努力が必要になる」と話していた。

 現地紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)は敗因を探しながら、スコット・バレット (Scott Barrett)をブラインドサイドフランカーに起用したのは「ギャンブルの失敗」だったと伝えた。バレットは、この試合でハーフタイムで下げられている。

 一方で、ほとんどのニュージーランドメディアは、イングランドがただ良すぎたと認めている。

 ヘラルド紙のコラムニスト、グレガー・ポール(Gregor Paul)氏は、イングランドは「世界最高の攻撃的なチーム(ニュージーランド)を、だらしがなく、悪いアイデアばかりで自信のない寄せ集め集団」に変えたと評した。

 ニュースサイト「stuff.co.nz」のラグビー担当記者マーク・ヒントン(Marc Hinton)氏は、「ニュージーランドは認めなくてはいけない。イングランドが素晴らしかったと」と述べた。

 国営のラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)は、オールブラックスの3連覇の野望は「力で勝るイングランドの選手によって打ち砕かれた」と報道。

 テレビ・ニュージーランド(Television New Zealand)は、イングランドの「絶え間ない圧力と容赦のないペース」を敗因に挙げ、地元メディアNewshubは、オールブラックスは「開始直後の一撃に動揺し」、そこから立ち直れなかったと伝えた。【翻訳編集】 AFPBB News

yahoo!ニュース

  

  

やはり、世界ランキング1位で、これまでワールドカップ2連覇をしているニュージーランドでは、「今回も優勝!」といった雰囲気だったのでしょうね。

 

でも、対するイングランドも世界ランキング2位の強豪。

事実上の決勝といっても過言ではない戦いでした。

  

「世界の終わり」オールブラックス敗退 事実上の決勝戦

  

ランキング1位のニュージーランドと同2位のイングランド。

どちらが勝ってもおかしくないようですが、ラグビーではランキング上位のチームが下位のチームに敗れることは珍しく、番狂わせの起こりにくいスポーツといわれています。

  

これまで、ニュージーランドとイングランドは過去3度ワールドカップで戦っていますが、イングランドは三戦全敗。

通算成績でもイングランドは7勝33敗1分けと大きく負け越していました。

 

前回2015年のワールドカップで日本が南アフリカに勝った時は、「史上最大の番狂わせ」、「奇跡の勝利」と言われましたね。

今回も、日本代表がアイルランドに勝利した時も、世界は大きな驚きをもってニュースを送りました。

 

ですので、接戦にはなっても最終的にはニュージーランドが勝つだろうというのが、大方の見方だったように思います。

 

「世界の終わり」オールブラックス敗退 イングランドの奇襲

  

 試合前に披露されるニュージーランド代表・オールブラックスの”ハカ”。

もうすっかりおなじみになりましたよね。

今回もオールブラックスはハカを披露しました。

大一番の前にのみ披露する「Kapa o Pango(カパオポンゴ)」です。

 ニュージーランド代表もこの試合が大事な一戦であることは十分に理解していたということですね。

  

 しかし、ここでイングランド代表はこれまでと違った対応をします。

 

ハカを披露するオールブラックスに対して、イングランド代表はV字の陣形を作り、さらに3選手は相手陣地に入り、オールブラックスの選手たちを見下ろしたのです。

なかには、不敵な笑みをたたえている選手もいましたね。

イングランドの主将オーウェン・ファレル選手は「オールブラックスに尻込みしたくなかった」「敬意は示したいと思ったが、ただ横一列に立ってこちらへ向かわせるのは嫌だった」と話しています。

 

オールブラックスとしては威圧されたというよりは逆にいっそう燃えさせる効果があったようです。 

 

そして、イングランドの奇襲はこれだけではありません。

 

 通常、キックオフでは相手陣内にボールを蹴り入れますが、イングランド代表は味方にパスをしました。

意表を突かれた形になり、ちょっとした隙ができたニュージーランドは試合開始わずか2分でイングランドにトライを許します。

 

終始攻め続けたイングランドに、オールブラックスのいつもの勇敢な攻めは鳴りを潜め、わずか1トライで敗れました。

 

「世界の終わり」オールブラックス敗退 エディー・ジョーンズHCの手腕

 

今大会、イングランド代表を率いているのは、エディー・ジョーンズHCです。

 

前回大会で日本代表を奇跡の勝利に導いた人物です。

 

エディーは試合後、「彼らは1週間で準備したかもしれないが、我々は2年半、この日のために準備してきた」と話しています。

 ニュージーランド戦を想定して練習してきたのです。

 

実は、エディーHCは、自身がオーストラリアHCだった時代など指導者として、5度オールブラックスに勝利しています。

ニュージーランドを「ラグビーの神」と崇めていましたが、決して歯が立たない相手とは思っていなかったのでしょう。

 

試合後、これまで王者として君臨してきたニュージーランドに対して「素晴らしいHC,素晴らしいキャプテンがいる」「FWは本当にいい仕事をした」「ラックで勢いをつけてこられた」など称賛の言葉を並べました。

しかし、本音は「プラン通りの試合展開だった」「(2年半の練習で)習慣として染みついたことを発揮できた素晴らしい試合だった」と語った言葉でしょう。

 

日本代表の選手たちも自身の快進撃について「やるべきことをしてきた結果」「なるべくしてなった結果」と言っていました。

イングランド代表もオールブラックスに勝つために、相当の準備をして自信をもって臨んだ試合だったんですね。

  

次は決勝。

次もエディーHCのクレバーな采配を期待したいですね。

-スポーツ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.