エンタメ 未分類

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌はMr.children 「Birthday」

投稿日:

「映画 ドラえもん」シリーズ40作目「映画ドラえもん のび太の新恐竜」が2020年3月6日(金)に公開されます。
この主題歌がMr.Childrenの書下ろし「Birthday」に決まったそうです。

 

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌はMr.children 「Birthday」

 

記事によると

 

「ドラえもん」は2020年で連載開始から50年を迎え、さらに今回の映画は「映画ドラえもん」シリーズの40作目となる。節目を飾る作品「のび太の新恐竜」は、1980年公開の映画1作目「映画ドラえもん のび太の恐竜」とはまったく異なるオリジナルストーリー。6600万年前の白亜紀を舞台に、ドラえもんやのび太たちが大冒険を繰り広げる。監督は今井一暁、脚本は川村元気と、2018年公開の「のび太の宝島」を手がけたコンビが務める。

主題歌の「Birthday」はこの映画のために書き下ろされた新曲で、明るく壮大なメロディが印象的なナンバー。楽曲を提供したMr.Childrenの桜井和寿(Vo, G)は、「ドラえもん」との出会いを「僕にとってはじめての読書。はじめて好きになった本。はじめて感動で泣いた本」と振り返り「ドラえもん50周年、そして僕も50歳となる年に、運命の再会ができた事に心から感謝です」と主題歌への喜びを明かしている。

音楽 ナタリー

 

映画40作目、誕生から50年の節目に楽曲を提供することになったミスチルの桜井さんが以下のようなコメントを出しています。

 

ハッキリと覚えている。
小学4年生の時、両親が僕にドラえもんを買ってきてくれた。
家に帰り、自分の部屋のベットに寝転ぶと、頭上にある小さな棚に1巻から5巻がきれいに並んで置かれていた。
そしてそれを僕は複雑な思いで受け取った。
なぜなら、当時僕は勉強を全くしない子供だった。宿題なんかした事がない。漢字も書けなければ、読書もした事がなかった。当然、通知表に刻まれる数字は体育以外は1と2で埋まった。
それを見兼ねた両親はきっと「しっかり勉強しなさい」そう言いたかっただろう。
でも、そう言ったところで、素直に勉強するはずがない事をわかっていて、「宿題しなさい」でも、「読書しなさい」でもなく、「まずはここから始めましょうね。はい、ドラえもん」そんな気持ちで買ってきたのだろう。
そして、その複雑な親の心情を子供ながらにキャッチした僕は、逃げ場をなくした気持ちになって、しばらく読みも開きもせず、並んだ背表紙の1から5の数字を眺めていた。
警戒心の強い猫にオモチャを与えた時のそれのように、僕は3日後くらいにドラえもんを恐る恐る開き、その後、
我を忘れ夢中で読みふけった。
僕にとってはじめての読書。はじめて好きになった本。はじめて感動で泣いた本。
それ以来、背表紙の数字は増えていき、棚に入りきらないくらいのドラえもんが並んだ。中2の夏に音楽と出会うまで。

本当はその後も、僕の人格形成に関わるドラえもんとのエピソードがあるのですが、長くなるのでこの辺でやめておきます。
ドラえもん50周年、そして僕も50歳となる年に、運命の再会ができた事に心から感謝です。
のび太にとってのドラえもんのように、「ドラえもんという存在が、ストーリーが、プロジェクトそのもの」が、弱く情けない自分に寄り添ってくれているのだと、改めて噛み締めながら、音楽でドラえもんに携わらせてもらいました。

絶対観てくださいね。
聴いてくださいね。

音楽 ナタリー

 

「のび太にとってのドラえもんのように携わらせてもらった」なんて、かっこいいです!

 
どんな映画になるのか、どんな曲なのか、楽しみですね。

 
さて、これまでも「映画 ドラえもん」の曲は話題のアーティストが楽曲を提供しています。

少し見てみましょう。

 

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 これまでの主題歌

 「映画 ドラえもん」は1980年から始まりましたが、その主題歌は名曲ぞろいです。

 

子どもだけでなく、おとなが聞いてもしっくりくる、感動する曲がたくさん。

 

さかのぼりながら紹介します。

 

2019年  「のび太の月面探査記/平井大:『THE GIFT』

 

シリーズ通算39作『のび太の月面探査記』は、のび太たちが謎の転校生・ルカの誘いで月へと旅立ち、月に隠された伝説が真実になる物語 です。

平井さんは舞台となる月をイメージし、どれだけ手を伸ばしても届かない場所にあるからこそもどかしく、逆に愛おしくなる気持ちを演奏したそうです。

 

 

2018年  「のび太の宝島」 /星野源:『ドラえもん』

シリーズ通算第38作『のび太の宝島』は、のび太が宝探しに憧れるきっかけになった、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの児童文学『宝島』をモチーフにした作品です

ストレートなタイトルとサビの「どどどどどどどどど ドラえもん」など、思わず口ずさんでしまう歌詞が特徴 です。

今年からテレビアニメの主題歌にもなりましたね。

 

 

2017年  「のび太の南極カチコチ大冒険」 /平井堅:「僕の心をつくってよ」

シリーズ通算第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』は、初めて南極を舞台としてたお話です。

平井堅さんらしい、しっとりとしたミディアム・バラードで、ドラえもんとのび太のかけがえのない絆を歌っています。

 

 

2016年  「新・のび太の日本誕生」 山崎まさよし:『空へ』

 

『映画ドラえもん のび太の日本誕生』のリメイク作品で、過去の作品に似た場面や台詞と、以前にはなかった場面とがあり、キャッチコピーのひとつである「パパは、20世紀の日本誕生を見た。僕は、21世紀の日本誕生を見る。』を感じられるような作品です。

山崎まさよしさんは、 「のび太の成長も描けたらいいなと思い、巣立ちもイメージして作った」と話しています。

 

 

2015年  「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」 /miwa:『360°』

宇宙を題材にした作品で、ふざけてヒーロー遊びをしていたら本物のヒーローになってしまったドラえもん達が戦う姿が描かれています。

miwaさんは、どこでもドア」をイメージして作ったと話しています。また扉を開ければいつでも新しい世界に行けるという無敵感と夢が込められています。

 

 

2014年  『STAND BY ME ドラえもん』 /秦基博:『ひまわりの約束』

『STAND BY ME ドラえもん』は、原作のエピソード厳選し再構築した、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品です。作品に親しみ、卒業していったすべての「子ども経験者」に向けて、ドラえもんとのび太たちの出会いと別れが描かれます。

秦基博さんは、「じんわり優しい気持ちになる曲」というオーダーを受け、のび太とドラえもんどちらの視点でも当てはまる歌詞を書いたそうです。

 

 

2014年  新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」/ Kis-My-Ft2:『光のシグナル』

「のび太の大魔境」のリメイク作品で、キャラクターや新展開などのアレンジはほとんどされていないそうです。

映画の世界観に合わせて制作され、みんなでともに前進していこうというという気持ちや、ワクワク感が込められています。

 

 

2013年  のび太のひみつ道具博物館」 /Perfume:『未来のミュージアム』

画の舞台は、あらゆるひみつ道具が展示されている未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」で、作中にはたくさんのひみつ道具が登場します。

ドラえもんアニメが持つSFの世界と、少し不思議な夢のある世界が表現されていますね。

 

 

2012年  「のび太と奇跡の島 アニマル アドベンチャー」 / 福山雅治:『生きてる生きてく』

時代設定が不明なこの作品は、漫画ドラえもん17巻に収録されている「モアよ、ドードーよ、永遠に」がげんあんとなっています。

大人から子どもに向けた内容の歌詞と、子どもが楽しく歌えるようなリズムを取り入れて作られた曲です。またドラえもんが誕生する100年前の作品ということから、100年後・命のリレーをテーマにした楽曲でもあります。

 

 

2011年  「新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち」 / BUMP OF CHICKEN:『友達の唄』

 

1986年に公開された「のび太と鉄人兵団」のリメイク作品です。 人間の死が描かれた数少ない作品です。

この作品の物語をモチーフに、のび太を描いて作詞したそうです。

 

 

2010年  のび太の人魚大海戦」 /青山テルマ:『帰る場所』

パラオの海でスキューバダイビングを楽しんできたスネ夫の自慢話を聞いたのび太がドラえもんの道具を使い陸上に架空の海を作りだすことから始まる物語です。

青山テルマさんは、 大切な人・帰りたい場所を思い浮かべなから聞いてほしいと話しています。さようならはお別れではなく、また会えるという前向きな想いが込められた作品です。

 

 

とまぁ、ざっと過去10年分を振り返ってみました。

 

秦基博さんの「ひまわりの約束」なんて名曲中の名曲ですし、福山雅治さんや平井堅さん、山崎まさよしさんなど、あまりアニメとは縁がなさそうなアーティストの方も歌っているんですね。

 

そして、もっとさかのぼると、綾香さんやスキマスイッチ、ゆずなどほんとにすごい!!

 

このなかに、ミスチルも名を連ねるなんて、おそるべし、ドラえもん!!

 

やっぱり、ドラえもんは国民的アニメなんですね!

-エンタメ, 未分類

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.