エンタメ

俳人・夏井いつき 再婚した夫の大病を乗り越え、「俳句の種をまく」

投稿日:

 

テレビ番組『プレバト!』で芸能人の作る俳句に対する、まさに”歯に衣着せぬ”コメントで人気の夏井いつき先生。

dogatch.jpより

 

夏井いつき先生のこれまでを振り返ると、なかなかに波乱万丈な人生。

 

そして、その夏井先生の生き方の柱となっている『俳句の種をまく』活動のあれこれ。

 

夏井先生がいかにして俳句に出会い、現在の「俳句の種をまく」活動をするに至ったか、夏井先生が支え、支えられた家族はどうしているのか、をまとめてみました。

 

 

夏井いつき 壮絶な過去

 

誕生~中学校教諭、結婚まで

 

夏井いつき先生は1957年(昭和32年)5月13日生まれ。

 

愛媛県に生まれ、特定郵便局長をしていた地元の名士でもある祖父に「伊月」と名付けられたそうです。

 

高校は県下でも伝統のある宇和島東高校に、生家からバスで二時間かけて通ったといいます。

asahi.comより

 

ちなみに宇和島東高校は甲子園にも何度か出場していて、元ヤクルトスワローズ、大リーグでも活躍した岩村明憲選手もこの高校の出身です。

 

学生時代はバレーボールを頑張っていたそうですよ。

 

その後、京都女子大学文学部国文科へ進学し、卒業後は1980年から1988年まで、中学校の国語科の教師として勤務していました。

 

25歳の時に、教師仲間の男性と結婚します。

 

教師の仕事をつづけながら、1男1女をもうけました。

 

 

家族を襲う病気と退職、そして離婚

 

夫と二人のこどもと幸せに暮らしていた夏井先生を、苦難が襲います。

 

夏井先生が30歳のころ、舅が亡くなってしまい、その影響で姑も体調を崩してしまいます。

 

姑の介護をするため、やむなく教職を辞し、夫の実家で生活するようになった夏井先生。

 

教師の仕事は楽しく、辞めたくはなかったといいます。

 

なかでも、「教材研究」といって、 授業の前に自分で進め方や教え方を組み立てて準備する作業が、 どうしたら子どもたちに興味を持ってもらえるか、あれこれ工夫をするのが面白かった と語っています。

 

教師を辞めたくなかった夏井先生は自分を納得させるために周囲に「俳人になる!」と宣言して教師を辞したそうです。

 

宣言してしまった以上、やらざるを得ない。

 

そうして進んできたといいます。

 

俳人としての活動を始めていた40歳のころ、また、夏井先生に試練が訪れます。

 

今度は実母が脳腫瘍に倒れてしまうのです。

 

姑と実母の介護を続けていた夏井先生は、次第に疲弊し、(一説によると夫もうつ病を発症し)、二人のこどもたちを引き取って離婚します。

 

 

俳句との出会い

 

そんな夏井先生の俳句との最初の出会いは、中学生の時の国語の授業でした。

 

私が最初に俳句のすごさを感じたのはいつだったのか、記憶をたどっていくと、中学校の教科書に載っていた与謝蕪村の句に行き当たります。『斧入れて香におどろくや冬木立』という句だったのですが、これを読んだときに、鼻の奥に木の香りがつーんとして、肌がざわっとしたことを覚えています。たったの17音で、俳句に興味がある訳でもないのに身体的な反応をもたらすことに驚きました。俳句には五感をゆさぶる力があるということを、このときになんとなく感じていたのだと思います

知るぽると

 

ただ、その後は俳句と近しい関係であったわけではなく、学生時代を過ごし、国語の教師になっていきます。

 

『言葉を使った仕事』をしたいと思っていたという夏井先生。

 

なぜ、小説や詩ではなく、俳句だったのでしょうか。

 

「小説のような長い文章を書く立体的な構成力は自分にはないんです。詩を読むのは好きですが、自分で書くとなると内面がストレートに出過ぎて、後で読み返すとどうにも恥ずかしくなってしまう。俳句は、17音という短い言葉の連なりで表現するため、自分の内面を具体的に書くことなく、季語に自分の思いを託すことができます。この形式が、私の性分には合っていると思ったんですね。 」

知るぽると

 

100nenhaiku.marukobo.comより

俳句で生きていくと決めた夏井先生は「季語の現場人」をモットーとする黒田杏子さんに師事し、俳人としての道を歩んでいきます。

 

 

「俳句の種まき」活動

 

俳人として生きていくと決めた夏井先生が、自身の俳句作りに加えて取り組んだのが「俳句の種まき」活動です。

 

全国の学校を回って開く「句会ライブ」は、はじめは小学校を回って小学生を相手に「俳句を通して日本語の豊かさとコミュニケーションの楽しさを伝え」ていましたが、現在は子供から高齢者まで幅広い人たちが参加するイベントに成長しています。

 

また、句会などの活動を通じて知り合った縁から、家庭にトラブルを抱えていたり、不登校になっていたりする子供たちを、保護者の了承を得て、自らの自宅で一緒に暮らしていたこともあるそうです。

 

じつは、夏井先生の娘さんも、夏井先生が姑や実母の介護をし、夫との離婚を決めたころ、不登校になっていて時期があるといいます。

 

そんな経験からも、”なんとか子供たちを救えないか”との思いから、一つ屋根の下で生活していたようです。

 

句会ライブでは、夏井先生が最終的に、優れた句を7句選ぶそうですが、その秀句を詠む児童・生徒の中には家庭の事情や身体的・精神的な問題を抱えた子供も少なくないといいます。

 

普段はなかなか人にいえない自分のなかのモヤモヤも、俳句という『型』を通してだったら思い切って吐き出すことができる。そして、それを人に読んでもらうことで、自分の感情を共有してもらえる。そうすることで、自分のなかの負の感情によって刺さった棘を自分で抜くことができるのです。

知るぽると

 

問題を抱えている子供たちは、なかなか自分の言葉で自分の思いを伝えることを良しとはしないことが多分にあることは、容易に想像がつきます。

 

だからといって、だれにも知られたくない、と思っているわけではなく、誰かにこの思いに気付いてほしい、と思っているものです。

 

そんな強い思いが、俳句という「型」を通して、湧き出てくるのかもしれません。

 

夏井先生が取りつかれた俳句の大きな魅力かもしれませんね。

 

 

支えてくれる伴侶との出会いと結婚

 

二度目の結婚 加根兼光さんとの出会い

 

俳人として生きていくと決めた夏井いつき先生。

 

とはいえ、俳人としての収入だけでは生活は苦しいもの。

 

夏井先生は、俳人として「依頼された仕事はすべて引き受ける」スタンスで仕事の臨んでいたといいます。

 

「次の仕事につなげたい」との一心で話術も磨きました。

 

そんなとき、博報堂の関西支社に勤めていた加根兼光(光夫)さんが仕事の依頼のために松山を訪れます。

 

その時の企画は作家の中島らもさんとの対談。

 

夏井先生自身が中島らもさんに興味があり、仕事を受けたそうですが、走行している間に中島らもさんが死去。

 

企画は幻となってしまいました。

 

この加根兼光さん。

 

じつは俳句をたしなんでいて、夏井先生が選者を務めていた俳句サイトに何度も投句していたそうです。

 

台風で立ち往生した夏井先生の宿の手配など、サポートしてくれる偶然もありながら、少しずつ距離を狭めていきました。

 

加根さん自身は「自分の作る俳句の方向性はこれだ」と感じ、松山まで通っていたそうですが、徐々に将来のことを考え始めていったのだとか。

 

しかしながら、夏井先生は「結婚は面倒だ」と感じていたようです。

 

一度結婚して、離婚を経験。

 

43歳で離婚したとき、「あぁ、自由になった」と思いました。だから、二度と結婚するつもりはなかったのです。離婚にはものすごく負のエネルギーを使いましたし、姓が変わることによる膨大な手続きが面倒で、もう、こりごり。結婚さえしなければ、離婚する心配もありません。だから、もう一度結婚するなんて冗談じゃない、と思っていました。

婦人公論.jp

 

こんな風に思っていた夏井先生の気持ちを、加根さんは詰将棋のように一つずつ、夏井先生の「結婚しない理由」を潰していったといいます。

 

例えば、「旦那さんの世話はできません」  

 

 → 「自分のことは自分でやります。」

 

「食事の支度は…」

 → 「それは僕がやります。」  などなど…。

 

そして、成人していた自身の子供たちにもこのように言われたそうです。

 

「僕らがこの先ずっと、いつきさんの相手をしたり面倒みたりするのはへヴィー(重い)やから。誰かおってくれたほうがいい」

婦人公論.jp

 

この言葉を受け、夏井先生も「私の物思いや自分勝手な行動を受け止めてくれる人がいたら、彼らも楽なんだなぁ」と気付いたといいます。

 

fujinkoron.jpより

加根さんは、夏井先生のおうちの玄関先で

「僕が付き人だったり、役に立つことのほうが俳句のためになるんじゃないかな。僕ができることをして助けたい。歳とってるけど、結婚しましょうか。」

といったそうです。

 

なんとも、ほほえましいですね。

 

そうして、加根さんと結婚した夏井先生。

 

dogatch.jpより

活躍の場をテレビにも広げ、今は『プレバト!』の毒舌先生として大人気ですね。

 

 

再婚した夫を襲った病魔

 

加根さんと結婚した夏井先生ですが、結婚してしばらくは別居婚だったそうです。

 

加根さんが博報堂を定年退職する65歳まで、じつに8年間、別居婚を続け、その後、松山での生活が始まります。

 

しかし、そんな二人に苦難が待ち受けます。

 

なんと、夫の加根さんに肺がんが見つかるのです。

 

同居を初めて間もない2015年3月のことです。

 

人間ドックで右の肺に影が見つかりました。

 

この時、夏井先生はかなりしんどかったといいますが、それでも「なるようにしかならない」と考え、看病したといいます。

 

そして、夫の病気に際して感じるつらさ、苦しさも含め、「100や200じゃきかない」ほどの句を詠んだそうです。

 

なかでも、

「朝の蝉明るし検温の時間」

という句は自身でもココロに残っているんだそう。

 

加根さんの病状が落ち着き、快方に向かっていくことが実感できた時の句だそうです。

 

「楽しいことやうれしいことはもちろん、人生で直面するつらく哀しい出来事も、すべてが俳句の題材になる」と夏井さんはいいます。「たとえば、正岡子規が病床で詠んだ句が代表作といわれるように、俳句はその時々の等身大の自分を映す鏡になる」と。

知るぽると

 

自身の苦境の時もまさに俳句が夏井先生の心を映していたんですね。

 

さらに、こう続けています。

 

「人間、生きていれば苦しいことや嫌なこともあります。でも、俳句づくりの楽しさを知ると、その苦しさすらも、俳句の種になります。季語や光景に自分自身の思いを代弁してもらうことで、自分の置かれた環境や感情を客観視することができ、気持ちがフッと楽になる。そして、それを誰かが読み、共感してくれたら、その苦しみを分かち合うこともできます。たった17音でこうした心の交感ができる表現はほかにないのではないでしょうか」。

知るぽると

 

俳句の素晴らしさが伝わってきます。

 

 

夏井いつき これから

 

夏井先生のいう、「俳句の種をまく」ことも、すそ野を広げらているのではないかと思います。

 

夫の加根さんは現在「夏井&カンパニー」の代表取締役ですが、夏井先生にこんな風に言うそうです。

 

「夏井いつきとしての仕事を大事にしてください。加根いつきとしては、適当でいい」

婦人公論.jp

こんな言葉、仕事をする女性なら、一度は言われてみたいと思う憧れの言葉ですよね~。

 

夏井いつき先生自身夫の加根さんを頼りにし、夫の加根さんも夏井先生を敬っている…。

 

夏井先生は「老いても手をつないで歩いていける人がいる」幸せをかみしめているといいます。

 

「句会ライブ」をはじめ、「俳句甲子園」などその「俳句の種をまく」活動が根付いてきている昨今。

 

ますます夏井先生の毒舌とその活躍に目が離せませんね。

-エンタメ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.