MENU

冬に楽しむ線香花火【スボ手牡丹】 長手牡丹との違いは?

 

花火といえば夏の風物詩ですが、冬だからこそできる花火があるんです。

 

それは【スボ手牡丹】

 

小さいころからおなじみの、線香花火のひとつですね。

 

ここでは、冬に作られる【スボ手牡丹】について、また、東西で異なる線香花火の秘密について調べてみます。

 

目次

【スボ手牡丹】の芯は”藁”だった!

 

ところで、【スボ手牡丹】って聞いて、ピンときますか?

 

いわゆる”線香花火”なんですが、こんなやつ↓です。

 

手持ち花火の代表格ですね。

 

子どものころもみんなでワイワイ楽しくやりましたけど、大人になってからやる線香花火は、どこか切ない感じがあって、”あ~、夏も、もう終わるんだなぁ”なんて感傷に浸った記憶のある方もいるんじゃないでしょうか。

 

かのんのアイコン画像かのん

そうそう。なんかパチパチはじける感じが切なくなるよね。

ひまわりのアイコン画像ひまわり

つい。じーっと見ちゃうよな。

この【スボ手牡丹】、なぜ冬に作られるのでしょう。

 

この答えは【スボ手牡丹】の400年の歴史をさかのぼるとわかります。

 

ひまわりのアイコン画像ひまわり

えっ400年!? 400年前って江戸時代じゃないの?

そうなんです。

 

もともとは、江戸時代の女性たちが香炉にたてて遊んでいたんですって。

 

だから”線香花火”なんですね。

 

ひまわりのアイコン画像ひまわり

”香炉”って何?

かのんのアイコン画像かのん

ほら、お香なんか焚くときに使うじゃない。なかに香炉灰をいれて、お香を立てるやつ…

ひまわりのアイコン画像ひまわり

ふーん、仏壇のお線香立てるやつか?

かのんのアイコン画像かのん

…まぁ、そうだね。

 

香炉に立てて遊んだということからもわかるように、花火の芯自体にそれなりの強度がないと立てられませんよね。

 

この芯が”藁”でできているんだそうです。

 

もっとも、現在の稲作で出る藁は品種改良が進んだりして、江戸時代のころのもののように強くはないらしく、現在制作している花火屋さんでは【スボ手牡丹】に合う藁を作るために試行錯誤しているそうですよ。

 

ひまわりのアイコン画像ひまわり

花火を作るために、稲を育てるのか…。すごいな。

お米を収穫した後の”藁”で作る【スボ手牡丹】。

 

だから、『冬にできる』花火なんですね。

 

空気の澄んだ冬に、がっつり厚着をして【スボ手牡丹】の光を楽しんでみたくなりませんか?

 

線香花火は東西で違った?

 

ひまわりのアイコン画像ひまわり

ところで、線香花火ってさ、紙を撚って作ったのもあるよね。

かのんのアイコン画像かのん

あるね。最後に火の玉がポトンって落ちるやつね。

こんなの↓

 

”線香花火”といえば、こちらのほうを思い浮かべる人も多いですよね。

 

こちらの線香花火は【長手牡丹】といいます。

 

ひまわりのアイコン画像ひまわり

さっきまで見てた【スボ手牡丹】とはぜんぜん見た目が違うよな。

かのんのアイコン画像かのん

そうだね。

【スボ手牡丹】は香炉に立てて遊べるように花火の芯が固い”藁”でできていましたが、こちらは紙を撚って作らていますよね。

 

【スボ手牡丹】は、もともと関西で主に楽しまれていたそうです。

 

それがだんだん関東にも広がっていくのですが、昔は関東ではあまり稲作が盛んではなく、あまり稲わらが手に入らなかったんですって。

 

その代わり、紙漉きが盛んだったので、藁の代わりに火薬を紙に包んで作られたそうですよ。

 

かのんのアイコン画像かのん

【長手牡丹】のほうが花火が長持ちするけど、最後の火の玉がポトンて落ちる瞬間が、なんだかさみしくてさ。夏の終わりって感じがするんだよね。

ひまわりのアイコン画像ひまわり

なにセンチメンタルになってんだよ。

 

冬の線香花火 まとめ

 

夏の代名詞ともいえる花火。

 

その中でも手持ち花火の代表格の”線香花火”には、藁を使った【スボ手牡丹】と紙で作った【長手牡丹】があります。

 

それぞれに違った美しさがあるけれど、その成り立ちなんかを知ると、400年の昔にも思いを寄せてみたくなります。

 

冬にできる【スボ手牡丹】。

 

寒い冬だからこそ、やってみませんか?

 

(防寒はしっかりね。)

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる