エンタメ

岡村隆史 忠臣蔵に大河 俳優、そして芸人としての今

投稿日:

 

ナインティナインの岡村隆史さんが50歳を手前にして”俳優業”を加速させていると話題になっています。

 

岡村隆史 忠臣蔵

 

その記事はこちら

 

 ナインティナイン岡村隆史(49)が、50歳を手前にして“俳優業”を加速させている。22日公開の話題作『決算!忠臣蔵』で俳優の堤真一とともにW主演を務め、来年からはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する。映画の主要キャストは2010年公開『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡』以来9年ぶり、さらに大河ドラマは初出演とあって、その演技に大きな注目が集まっている。自身の代表番組『めちゃ×イケてるッ!』(フジテレビ)が終了してから1年半、“進化した岡村隆史”を感じさせた映画出演の経緯や演技にかける思い、そして“ナインティナインの岡村隆史”としての現在地など、その胸のうちに迫った。

oricon news

 

今回の映画は、日本人なら誰もが知っている忠臣蔵。

 

でも、いつも見ている悲劇ではなく、討ち入りの舞台裏ともいうべき台所事情をユーモアたっぷりに描いていくエンターテインメント作品。

 


岡村さんは、そのなかで、堤真一さん演じる大石内蔵助を支える幼馴染の勘定方・矢頭長助を演じています。

 

映画のオファーを受けるときは、内容や配役を聞く前に「はい、やります」と即OKするそうで、あとから堤さんとのW主演を知ったそうです。

 

岡村さんは映画に臨む際に、

「 僕みたいな役者じゃない人間が、キャラやイメージを固めて現場に入ると、絶対に怪我をするので(笑)。監督に色を付けてもらって、周りに引っ張ってもらおうと思って。変なことをしても絶対にいいことがないので」と、特別な役作りをせずに現場入り するそうです。

  

そんななかでも頑張ったのが「そろばん」だそうで、幼いころのトラウマだったそろばんの練習をしたそうです(笑)。

 

 

岡村隆史 大河:麒麟がくる

 

そんな岡村さんは来年の大河ドラマの出演も決まっています。

 

連続ドラマにはこれまで出演してこなかった岡村さん。

 

これまでは「映画は決められた期間にバッと撮るけど、連ドラは長い期間だからレギュラーのバラエティーと並行になって、自分の中で整理がつかなくなる」と断ってきたそうです。

 

では、今回オファーを受けた理由は何だったんでしょう。

 

「自分の中で大河って想像もしたことがなかったけど、50歳を手前に声をかけてもらって、この先にこんな事があるかわからないと思って引き受けたんです」とのこと。

 

50歳を前に、これまでのことやこれからの人生を考える時期にはいっているのかもしれませんね。

 

そして、大河への出演が決まった際には、出演中の「チコちゃんに叱られる!」にちなんでこんなコメントをしています。

 

「チコちゃんのおかげでございます。チコちゃんが出るわけにはいかないということで、選ばれたんじゃないか。チコちゃんさまさまです」と大感激。「皆さまに叱られないように頑張ります。何もしなくていいと言われ、ボーッとしている状態ですが、選んでいただいたからには頑張りたいです」とチコちゃんの決めぜりふを交えて心境を明かした。

sansupo.com

岡村隆史 中居正弘との絶交について

 

そんな岡村さんですが、11月15日に放送された金スマでは、親友の中居正弘さんとの絶交について話しています。

 

番組MCの中居正広さんとは売れる前から交流があり、26年来の大親友という岡村さんですが、実は5年間の絶交期間があったことをテレビで初告白しています。

5年間もの絶交期間には、フジテレビ系で放送されていた「めちゃ×2イケてるッ!」で共に2週間旅する企画があったことを語りました。

 

険悪な中、岡村さんは「仕事として、プロとしてやるしかないです」と総合演出に宣言、「あたかも仲良いふりして」撮影に臨んだといいます。移動中は、岡村さんと中居さんの間に、矢部浩之さんが座っていたことなども明かされました。

 

そんな二人の仲直りのきっかけも話されました。

 

なんと27時間テレビでの中居君の仕事に対する真剣さ、まじめさだったといいます。

 

絶交中でも、その人となりや仕事ぶりを客観的に見ることができる岡村さん。

 

素晴らしいですね。

 

 

岡村隆史 芸人としての今

 

芸人としては、来年結成30周年を迎えるナインティナイン。

 

記念のライブを企画しているようですが、映画・大河ドラマと多忙を極めるなかで、十分なコントへの時間を割けないとして、来年には間に合わないといっています。

 

ファンの皆さんが満足できる完成度の高いものを見せたいという二人の重いらしいです。

 

映画や大河ドラマを経てまた、違う魅力を携えた岡村さんの芸人としての魅力を存分に発揮してほしいですね。

 

次のステージが楽しみです。

 

 

-エンタメ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.