エンタメ 気になる話題

広瀬香美の生い立ちって?元夫や現在の夫は?

投稿日:

 

最近、広瀬香美さんが再ブレークしてますよね。

 

広瀬香美さんといえば「ウインターソングの女王」として1990年代に大活躍でしたよね。

 

「ロマンスの神様」に「ゲレンデがとけるほど恋したい」「プロミス」などなど…

 

ロマンスの神様

 

冬はそれこそ、日本中のゲレンデで聞かない日はないくらい(笑)

 

そんな彼女の生い立ちは結構悲劇的だったとか…

 

ちょっとまとめてみました。

 

広瀬香美 生い立ち

 

広瀬香美さんは1964年に和歌山県で生まれたのち、6歳までを大阪府で過ごし、その後福岡県へ移住し過ごしていたそうです。

 

お父さんはサラリーマン、お母さんは専業主婦で音楽とは無縁だったようです。

 

ご両親は広瀬さんに”絶対音感”があり、音楽の才能があると感じていたそうです。

 

「手に職をつけさせたい」と常々思っていたお母さんは広瀬さんに4歳からピアノを習わせ、5歳からは作曲などの英才教育も始まったそうです。

 

そんなご両親は音楽の練習に対してとても厳しかったそう。

 

例えば、

 

・練習しないとご飯抜き

・毎日一時間40分練習

・最初の20分、気持ちが入っていなかったら20分延長

・土日は両親ともにソファに座って練習をみる

…などなど。

 

こんな状況だったので、幼少期は「やらされている感」が強く、ピアノも音楽も大嫌いだったといいます。

 

絶対音感が原因でいじめも

 

絶対音感の持ち主の広瀬さん。

 

それがゆえに困ったことも多くあったそう。

 

なんと、人の会話や生活音すべてが音階で聞こえるようになってしまったんですって!

 

「世の中の音、雑音が”ドレミ”に変換しちゃうんです」と説明。それを聞いたスタッフが「雑音が?」と確認すると、その問いかけが「ドミミミミ」に聞こえるといい、その後も「あー、なるほど」→「レーファファファファ」、「あ!そうなんですね」→「レ!ソレレレレ」と即座に変換していった。

マイナビニュース 2018.5.9

 

はたからはヘンに見られたりして(そりゃそうだ!)いじめられることもあったそうです。

 

 …絶対音感も大変だ…

 

初恋の相手はなんと”バス”

 

そんな広瀬香美さん。

 

初恋の相手も異色です。

 

なんと路線バス!

 

こんなバスかな・

 町を走っているバスの”ブレーキ音”が気になり、あるとき、ある特定のバスのブレーキ音が求愛の囁きに聞こえたんですって。

 

そして、バスに恋した広瀬さんはしばらくそのバスの追っかけをしていたとか…

 

天才の行動はよくわかりません(笑)

 

 

成績の悪かった学生時代

 

絶対音感を武器に広瀬さんは定員わずか20名狭き門、福岡女学院中学校・高等学校(音楽科)に進学します。

 

このころは絶対音感が研ぎ澄まされすぎてしまい、スナック菓子の袋を破る音が「やめて!」に聞こえて食べられなかったり、日常生活でも困ることが増え、引きこもりになってしまったこともあったんですって。

 

そんな広瀬さんは、高校に通いながら東京の音大を目指し、2週間に一度飛行機で東京に向かいレッスンを受けていました。

 

そして、国立音楽大学音楽部作曲学科に見事進学します。

 

テレビも見せてもらえず、クラシック以外も聞けない洗脳のような音楽付の日々だったとのちに語っています。

 

そんな天才的な広瀬さんですが、大医学入学後、音楽で初めて挫折を味わいます。

 

教授に「将来は作曲家になりたい」といったんです。

そしたらいやいや、成績をごらんなさい、と。

作曲学科は16人しかいないんですけど、私の成績は16番(笑)。

作曲家はピアニストよりも狭き門で、「1番でも作曲家になるのは難しいのに、よく考えたほうがいい」と言われてしまって。

音楽しか勉強してこなかったのにつぶしがきかない、どうしようと思いました。

そして、1年の夏休みに「大学をやめるしかない」と思い立ったんです。

https://gendai.ismedia.jp/

 

これだけ才能に恵まれた広瀬さん。

 

そんなに成績が悪いことが想像できませんが…

 

というのも、譜面通りにひかずに「この曲はこうしたほうがいい!」とかなり自己流に解釈して演奏したりもしていたそうで…才能といえば才能ですよね。

 

でなければ、クラシックの名曲を自分で解釈して新たに演奏するなんて、できません。

 

大学をやめようと思った広瀬さんは両親に大学をやめたいと伝えましたが、卒業だけはするように言われ、悩んだ広瀬さん。

 

ロサンゼルスに留学している友人に相談し、転機が訪れます。 

 

クラシックからポップスへの転機

 

なかばふてくされてロサンゼルスに向かった広瀬さん。

 

現地でマイケル・ジャクソンやマドンナたちの音楽に触れ、衝撃を受けます。

 

クラシックしか聞かされていなかった広瀬さんは、その自由な雰囲気に初めて音楽への情熱が沸き起こったといいます。

 

このあと観に行ったナタリー・コールのコンサートでその歌声に聞きほれ、「どうせなら、こういう素晴らしいアーティストに私の曲を歌ってもらいたい」「ポピュラー音楽の作曲家になりたい」と思ったそうです。

 

その後、大学を卒業すると本格的に渡米し、アルバイトをしながら音楽の勉強をします。

 

そのアルバイトのなかに、ロスへレコーディングにくる日本人アーティストとスタッフたちの世話をするものもありました。

 

どんなに稼いでもレッスン代に消えてしまうので、あるとき一計を案じて、日本のクルーに自作のデモテープを渡すようになったそうです。

 

ここから、日本のレコード会社5社ほどから歌手デビューのオファーが来ます。

 

お金に困っていた広瀬さんにとって、そのギャラは魅力的で、ビクターエンタテインメントと契約を結び、デビューに至ります。

 

ウインターソングの女王と大沢たかおとの結婚

 

その後の活躍はご存じのとおり。

 

アルペンのCMソングになった「ロマンスの神様」が170万枚を超える大ヒットとなり、その後も「幸せをつかみたい」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」など数々のヒット曲が生まれます。

 

「ウインターソングの女王」と冠されることが多い広瀬さんですが、そのほとんどは、一年中温暖なロサンゼルスで書かれた曲だとか…

 

また、スキー場にも一度も行ったことがないそうです。

 

そして、人気絶頂の中、1999年に大沢たかおさんと結婚します。

 

 大沢たかおさんは映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」の主演で、その主題歌を歌った広瀬香美さんとは接点はあったでしょうが、その交際については知っている人は少なく、突然の発表で、みんながびっくりでした。

 

 

ゲレンデがとけるほど恋したい

 

しかも、双方の事務所にも知らせずに入籍し、事後の報告だったそうです。

 

そしてもっとびっくりだったのは、その後開かれた結婚あ会見は大沢さん一人で開かれたということ。

 

当時、俳優として駆け出しのおおさわさんに対し、広瀬さんはビッグヒットをたくさん持つ有名なシンガーソングライター。

 

しかも大沢さんのいでたちは普段着にボサボサの髪…。

 

若干、バッシング気味ではありましたね。

 

そんな二人の結婚生活は長くは続かず、7年ほどで破局を迎えます。

 

ロサンゼルスを拠点にする広瀬さんと東京に住む大沢さんのすれ違い、家庭に対する価値観の違い(大沢さんは家庭に安らぎを求めていた?)、格差婚(結婚当初は広瀬さんが上位にいましたが、その後、大沢さんは俳優としてブレーク、逆に広瀬さんはヒット曲が出ない日々が…)、大沢さんの放浪癖(ふらっと海外に出かけてしまう)などなど噂されていますが、真実はご本人たちしかわかりませんね。

 

再婚した夫はアメリカ人実業家?

 

2006年に大沢たかおさんと離婚した広瀬香美さんは、2008年、アメリカ人の男性と再婚しています。

 

コンピュータ関係の企業に勤める一般男性とのことです。

 

 

ご夫婦でロサンゼルスに住んでらっしゃるですね。

 

今度はすれ違いはないかな?

 

広瀬香美 YouTubeで再ブレーク!

 

そして、今、再ブレーク!ですね。

 

YouTubeで公開した○○を歌ってみた!シリーズがマジ面白い!すごい!

 

【広瀬香美】米津玄師さんのLemonを歌ってみた①

 

 

【広瀬香美】Official髭男dismさんのPretender歌ってみた②

 

いやぁ、迫力ありますねぇ!

パワフルで、また、テンションたかっ!!

 

歌もさながら、その演奏もすごい!!

 

先日7月3日に放送された「ダウンタウンなう 本音ではしご酒」に出演していた広瀬香美さん。

 

HEY HEY HEY!に出た時もそのキャラをばらさないよう、トークはなかったんですって。

 

でも、楽しかったですねー。

 

その弾き語りもパワフルで…

 

 

このほかにもH jungle with t とかあいみょんとか、ほんともう、しっかり、広瀬香美のステージってな感じです。

 

もともとのキャラをこれまではひた隠しにしていたそうですが、このはっちゃけた感じも素敵ですね。

 

これからも楽しい音楽を楽しみにしています。

-エンタメ, 気になる話題

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.