エンタメ

吉田鋼太郎 「全力で愛し抜く!」新おっさんずラブは空が舞台

投稿日:

   

  

おっさんずラブは2018年4月期に放送されとても話題になったドラマ。

今度は航空会社を舞台にして新しい物語が始まるそうですよ。

いったい、どんなドラマになるのでしょう。興味しんしんです!!

  

  

新作おっさんずラブ 今度の舞台は空!

  

 

11月2日からテレビ朝日系で放送される新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」の記者会見が行われたようです。

  

yahoo!ニュースによると…

   

俳優の田中圭をはじめ、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』に出演する吉田鋼太郎千葉雄大、戸次重幸が23日、茨城空港で記者会見を行った。

新人CA(キャビンアテンダント)・春田創一役で主演する田中は、「自分の体感ですけど、(前作より)圧倒的にパワーアップしている。観てくださる方にも楽しんでいただけるのではないかなぁ、と自信を持って送り出せるものに現状なっています」と、アピールした。

 2018年4月期に放送された前作は、天空不動産を舞台に、モテないポンコツサラリーマン“はるたん”こと春田創一を巡る、おっさん同士の恋模様を描き、劇場版も制作・公開されて大ヒットしたが、新シリーズでは、航空業界「天空ピーチエアライン」を舞台に、まったく新しい物語として生まれ変わる。

 「1年半前とは立場が違う。みんなが『おっさんずラブ』を知っている。生半可なものはできない」と、いっそう気を引き締めて取り組んでいる様子。

「設定も一新されて、春田も黒澤も、初めて会うところからスタートして、全く新しい『おっさんずラブ』がはじまります。今回は全8話。あっという間に終わると思うので、応援してもらえたらうれしいです」とファンに呼びかけた。

 設定は改まったが、“ヒロイン・黒澤武蔵”は健在。

新シリーズでは“グレート・キャプテン”と称される機長を演じる吉田は「関空や成田でも撮影しましたね。先日、飛行機のコックピットにも入れてもらって、感動しました。意外と狭くて、機械に囲まれている感じ。役得、役得」と、楽しそう。

「黒澤武蔵がもう一人の僕みたいに愛着を持ち始めています」

「全力で春田を愛し抜きます」と話していた。

 新シリーズから出演する副操縦士・成瀬竜役の千葉は、マイクをあごにゴツンと当ててしまうほど「緊張」気味。

それでも「現場は楽しくて、お芝居の中でどうしたらより楽しくなるか、思いついたこや感じたことをやったり、悩んだりする時間も楽しい」と、その場で生まれたものを取り入れていくライブ感のある現場に必死に食らいついている様子。

 同じく整備士・四宮要役の戸次も「ライブ感があって自由な雰囲気の現場に最初は戸惑いもありましたが、いまは慣れて楽しくやっています」と話しており、「田中くんと僕は、ドラクエウォークにハマっている」と明かしていた。

yahoo!ニュース

  

新シリーズの舞台は航空会社なんですね。

今回も期待しちゃいます。

  

  

新作おっさんずラブ 今度の舞台は空! 吉田機長は「愛し抜く!」宣言。

  

  

新作「-in the sky-」は、35歳にしてリストラされ、転職して航空会社で働くことになった春田に、突然のモテ期がやってきます。

そして、”グレート・キャプテン”と呼ばれるほど技術、人柄ともい優れたパイロット・黒澤が、一生懸命お客様のために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつしか恋してしまう…というストーリー。

  

鋼太郎さんは機長さんなんですね。

技術・人柄とも優れ…とある通り、貫禄のある機長さんを演じる様子が目に浮かびます。

そんな黒澤機長がぐずぐずのはるたんを「愛し抜きます!」というのだから、今作も楽しみですね。

あの、乙女な黒澤さんをまた見ることができます!

  

  

新作おっさんずラブ 今度の舞台は空!世間の反応は?

   

  

では、今回の新シリーズの発表を受けての、世間の反応はどんなものでしょう?

 

前回の「おっさんずラブ」がとても人気があっただけに、少し厳しい意見が多いようです。

  

「スポンサーの思うがままになってしまうのは仕方ないけど、映画やってるのに別物やりますとか本当にお金の匂いしかしない。」

「前作はコメディと見せかけた正統派ラブストーリーでしたが、インザスカイはどこに飛んで行くのかなぁ…。良い意味で予想を裏切る展開になるといいですね。」

など。

前作は同性愛がとても丁寧に描かれていて、下品な表現もなく多くのファンを作りましたが、今回の予告編を見る限りでは、純愛の要素が見当たらず、前作のような期待ができないのでは…と危惧している人が多い印象です。

  

  

また、林遣都さんロスの人も多くいるみたい。

  

ヒットしたドラマや映画の第二弾、第三弾を作るときには、前作のイメージが大きいばかりに、ファンからするといろいろな期待が大きすぎて、余計に厳しい評価になってしまうのかもしれませんね。

 

 

でも、ここは、このドラマで大ブレークした田中圭さんと、このところテレビで見ない日がないくらいの勢いの吉田鋼太郎さんの恋愛を楽しみに見たいと思います。

 

どんな物語が展開されるのか、期待したいですね。

   

-エンタメ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.