エンタメ

梅宮辰夫さん死去 謎料理「ウメミヤ」の正体は? 料理の腕は?

投稿日:

 

俳優の梅宮辰夫さんが亡くなりました。

 

晩年は闘病生活をされていたようですが、妻のクラウディアさんや娘のアンナさんとテレビ出演したりと精力的に活動されていましたね。

lineblog.meより

 

梅宮辰夫さんの訃報に触れ、改めて料理上手だった梅宮さんのレシピが見直されているようです。

 

2012年2月、読売新聞の発言小町で「ウメミヤを探して」というトピが話題になりました。

 

これは、以前に梅宮辰夫さんがテレビ番組で紹介した鶏もも肉と豚バラ肉の料理だったそうですが、トピ主さんが義母の作るこの料理を知りたいとして、レシピを探していたものです。

 

この記事では、「ウメミヤ」の正体、「ウメミヤ」の感想、梅宮辰夫さんの料理の上などについてまとめてみました。

 

 

梅宮さん謎料理 発言小町「ウメミヤ」の正体は?

 

では、「ウメミヤ」はどんな料理なのでしょう。

 

記事によると、

 

投稿は、トピ主の義母が作っていた料理の作り方を尋ねる内容です。 料理名が分からないことから、夫の家では、ずっと「ウメミヤ」と呼ばれていたそうです。義母に作り方を聞いてみても、「目分量」とか「忘れた」とかで手がかりもありません。「数年に一度、『あ~ウメミヤ食べたいなあ』と言う夫にぜひ食べさせたい。 自分自身も食べてみたい!」という思いが高まり、「レシピを探しています」と投稿しました。

otekomachi

そして判明したレシピはかなりボリューミーなもの。

 

◆鶏肉と豚肉の酢煮(梅宮さんのレシピノートから)

【材料】 

鶏もも肉(骨付き)2本

豚バラ肉(ブロック)450g

酢・しょうゆ 各1/2カップ

ニンニク 5かけ

うまみ調味料 少々

赤唐辛子 5本

ブロッコリー 1株

【作り方】

(1) 鶏肉はぶつ切りにして、熱湯を回しかけておく。 (2) 豚肉は食べやすい大きさの角切りにして鍋に入れ、たっぷりの水を加えてアクを取りながら30分煮る。 (3) 鍋に(2)の煮汁を1/2カップ分入れ、酢、しょうゆ、ニンニク、うまみ調味料、 赤唐辛子、水1/2カップを加える。鶏肉、豚肉を入れてコトコトと煮る。 (4) ブロッコリーは小房に分け、色よくゆでる。

otekomachi

豚バラに骨付き鶏、ニンニク10かけ! 

 

想像を絶するボリュームとスタミナですね。

 

このトピは、 年間で最も話題になったトピを選ぶ「発言小町大賞」で、「食べてみたいで賞」に輝きました。

 

それをうけて、梅宮辰夫さんに取材しています。

 

梅宮さん謎料理 発言小町「ウメミヤ」の感想

 

この投稿には、実際に作ってみたユーザーからこんな反応が返ってきています。

 

「無事完成したウメミヤ美味しかったです~酸味と辛味で温まりますね」

「ナンダコレナンダコレと言いながら夫婦2人で500g強の肉をペロリと一食で平らげてしまいました」

「こんなに美味しいものを世に知らしめてくださった梅宮辰夫様に感謝します」

 

cookpadより

なんだか、興味津々…。食べてみたくなります!

 

梅宮辰夫さんは、この受賞を受けて、「自分の料理が認められたようでうれしい」と話していました。

 

また、この取材のために、自身のレシピ帳を持参されたそうです。

 

分厚いそのノートは、ところどころ擦り切れ、使い込まれた感じ。

 

手がきでレシピがびっしりと書き込まれ、なんと、レシピは500にものぼるそうです!!

 

記事では、

 

ウメミヤのほかにも「我が家のちらし寿司」とか、おいしそうなメニューがいっぱい。お酒を楽しむためのおつまみや、「さすが釣り人」とうならせられる豪快な魚料理も。家族のためにと考案されたレシピからは、愛情が伝わってきました。

otekomachi

 

と書いています。

 

料理上手で知られる梅宮さん。

 

愛妻のクラウディアさんや愛娘のアンナさん、そして友人たちに自慢の腕を振るっていたのでしょうね。

  

 

梅宮さん謎料理 発言小町「ウメミヤ」の正体は? 料理の腕は?

 

では、その料理好きの梅宮さん。

 

実際の料理の腕前はどうだったのでしょう。

 

梅宮辰夫さんは、料理好きが高じてか、6代目「食いしん坊ばんざい!」のリポーターを務めています。

 

 また、1994年には当時の人気番組『料理の鉄人』に俳優として初めて出演し、敗戦したものの、和の鉄人”道場六三郎”さんと対決しています。

 

(ちなみに「鯵」対決でした)

 

matome.never.jpより

釣り好きとしても知られ、俳優で公私ともに親交のある”松方弘樹”さんとともに釣り番組に出演したりもしていましたね。

 

梅宮辰夫さんの訃報を受け、故・松方弘樹さんの次男・仁科克基さんがインスタグラムを更新しています。

 

 

テレビの画面を通しても、その中のよさ、信頼、そして釣りが好きなこと…、よく伝わってきました。

 

仁科さんの言うとおり、天国で二人で釣りを楽しんでほしいですね。

 

 

梅宮さん謎料理 発言小町「ウメミヤ」の正体は? 世間の反応は?

 

梅宮さんの訃報、「ウメミヤ」のレシピなどについて、ネット上ではこのようなコメントが多くみられます。

 

「梅宮辰夫さんが毎日作っていた、
梅宮アンナのお弁当が美味しそうだったのを思い出す。

やっぱり、
料理は、インスタ映えよりも、
見るからに美味しそうな、食べたいと感じるものが1番いい。 」

 

ウメミヤ
絶対作ってみます!

たっちゃん漬け好きでした。
昔は行楽地に行くとたっちゃんのお店が結構あって、たっちゃん人形と写真撮ったなぁ
1つの時代を築いてくれた方でした。
ご冥福をお祈りいたします。 」

 

「 なんだろう、読んでて泣けてくる。
いかにもっていう追悼記事よりもこういう記事のほうが故人を偲ぶのにぐっとくるものがある。 」

 

「 訃報から半日でたくさんの思い出話や逸話がでてくる故人様の生前のご人徳が偲ばれます。 」

 

「 テレビで共演者が語った近年の梅宮さんの口癖が心に響いた。人間は生まれてから死に向かって生きていく。人生とは途中経過なんだ。どんな怪我や病気になろうとも前に向かって進むんだ。 」

 

料理のことばかりでなく、その人柄が偲ばれるとのコメントが多いですね。

 

公私ともに親分肌だったという梅宮さん。

 

今も天国で松方さんはじめ、いろいろな方たちに迎えられていることだろうと思います。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

-エンタメ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.