エンタメ

芦田愛菜 神田うの 二人の着物姿の比較

投稿日:

11月9日に行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で聡明で美しい言葉選びで注目された芦田愛菜さん。

 
芦田愛菜さんが注目されたのはその祝辞だけでなく、美しいきもの姿にも目を引かれたようです。

 

芦田愛菜 国民祭典での着物姿

 

記事によると、


芦田がこの日着用した着物は昭和初期に作られたものだそう。着物や帯の美しさはもちろんのこと、すっきりと結い上げ、前髪をあげておでこを出したヘアスタイルも芦田によく似合っていた。<着物ってこうやって着るもの。これから成人式を迎える人はお手本にしてほしい><上品で凜としてるし、高価そうな着物をさらっと着こなすのがすごい>なんて声がネットにあふれたのも納得できる、これぞ大和なでしこと言いたくなる可憐さだった」と話す。

日刊ゲンダイDIGITAL

 

国民祭典での芦田愛菜さん

その着物自体も100年前の格式高い品だとか…

実はこの振り袖は、約100年前に制作されたアンティーク。着物を提供した老舗呉服店・鈴乃屋の担当者によると、昭和初期に作られたもので、染め・織り・刺繍をふんだんに使用し、刺繍の縁取りや色合いも微妙に変化させるなど手間暇かけて制作されており、100年ほど前から一度も袖を通していない、まさしく「門外不出」の振袖だという。

NEWSポストセブン

 着物の柄は 「紗綾型」という文様 があしらわれており、これは 「家の繁栄」や「不断長久」「永遠」「長寿」を意味 するのだそう。

 

すごい着物なんですね。

 

そしてその着物に合わせた帯も 『菱型正倉院文様』(ひしがたしょうそういんもんよう)」を施しており、日本の古典模様としては最古であり、格調高い文様として位置づけられるものだそうです。

 

天皇陛下の即位をお祝いする祭典にふさわしい、核の高い装いなんですね。

 

そして、着物に負けないくらい、髪を結い、凛とした表情で祝辞を読み上げる姿は、その美しい着物でより引き立ち、上品な可憐さに目を奪われました。

親戚の子でもみるように、「あの愛菜ちゃんがこんなに立派になって…」と涙がこぼれるようでした。

 
 

神田うの お茶会での着物姿

 

同じ着物姿でもネット上で酷評されている方もいます。

 
タレントの神田うのさんです。

 

神田さんは自身のインスタグラムにお茶会に参加した際の着物姿をアップしましたが、そのいでたちが酷評されているのです。

 

記事によると…、

友人で女優のとよた真帆さんがデザインしたという、紫の生地にワインのボトル柄が描かれた着物を着用していました。

さらに、 大ぶりの目立つ黒いヘッドアクセサリーをつけています 。

 

https://www.instagram.com/p/B4uXvLBA9dB/

茶道は美味しいお茶をいただくのはもちろんですが、道具をも楽しむものです。繊細なデザインの物もあるし、抹茶碗1つにしても落とさぬよう姿勢を低くして景色を拝見するほど、会席者は神経を遣うもので、お菓子にも気を配り、色合いや季節感を大切に選びます。

 

だからこそ、落ちて道具に傷をつけてしまうかもしれない大きなヘッドドレスや長い爪が場にそぐわない、と批判を浴びたのではないでしょうか。

 

着物も素敵だし、着こなしもおしゃれなんでしょうけど、装いにはTPOを考えるべき、ということなのでしょう。

 

 

芦田愛菜 神田うの 着物姿の比較

 

ネット上では以下のようなコメントがみられました。


「芦田愛菜さんの和服が美しかった事は間違いありません。華美すぎず、でも若々しさのなかに品もあり。とてもお似合いでした。「お嬢さんの上品とはこれですよ!」って見本となる様な和服姿でした。神田うのさんは、TPOがね。。。この和服でパーティーに出席と言うのなら、個性的で華やかで良いのでは?と思いますが、茶会に参加ですよね?金箔の茶室でやるのですか?って聞きたくなる格好ですね。茶会の席でご一緒したら、ビックリしてしまいそうです。」

 

「どのような場でも自分らしくあるのは、彼女のような仕事なら大切な事でしょう。でも、お嬢さんをお連れで行くなら、その場にふさわしい装いがどのようなものか、どのような意味合いの場なのか等をともに学び教えてあげる良いチャンスだったのに。子供と行動を共にする時でさえ自分を中心にしている事があからさまになってしまいましたね。習ってもいない子供が、学生主催とはいえ茶会に同席できるなんて非日常の体験でしょうに。お子さんはあなたの人生の付属品では無いと申し上げたい。」

とまぁ、こんな感じです。

 

同じ着物といっても、着るシチュエーションも違えば、年齢も違う。

 

ひとくくりに比較はできませんが、お祝いの場にふさわしい格式高い着物で凛としたたたずまいを見せた芦田さんと、おしゃれだけどお茶会という場にそぐわないいでたちで不評を買った神田さん。

 

対照的な二人の装いです。

 

芦田愛菜さんの国民祭典での祝辞の様子はコチラ

-エンタメ

Copyright© かのんぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.